MENU

知らないと損する絶対に乗るべきKINTOの最大の特徴・保険【20代必見】

  • URLをコピーしました!
  • KINTOが他とは違う最大の特徴「保険」について
  • 25歳以下は一択で KINTOがおすすめの理由
  • 保険が含まれるメリット・デメリットは?
  • KINTOは長期のレンタカーのイメージ⁉︎

この記事ではこのような疑問にお答えしていきます。

KINTOとは❓
\トヨタが出したサブスクリションサービス/

ハピカラ

クルマの場合はサブスクよりもカーリースの方ががピンとくる方の方が多いかもしれないね。

ポーチ君

KINTOもカーリース?

ハピカラ

KINTOもカーリースだけど他のカーリースとは違う大きな特徴があるんだ

KINTOの中に任意保険が含まれているという点

この内容はおトクな人、おトクじゃない人がいます。

ハピカラ

賢い消費者は、自分が得する時だけ使う、それだけです。

このページではKINTOの最大の特徴、任意保険についてまとめていきます。

この記事の信憑性
  • クルマ屋歴13年/カーリース販売歴9年
  • 総販売台数500台超え
  • 新車・中古車を仕入れから販売
  • どうすればカーリースを売れるのか奮闘中
    誰よりもメリット・デメリットを熟知しています。
目次

KINTOに乗る前に任意保険の金額を確認しよう

年齢・等級に影響しない自動車保険が含まれている

KINTOの月額利用料には、年齢・等級に影響しない自動車保険が含まれています。

これがKINTOの最大の特徴であり、メリットになる方逆にデメリットになる方もいるサービスです。

ハピカラ

先ずはここで自動車保険の制度を少し説明するね

自動車保険には年齢条件による割引と等級割引・割増という制度があります。

運転者年齢条件
補償する運転者の範囲を年齢で限定することで、一定の割引を受けられる仕組みのことです。
「年齢を問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」のような区分があり、保険会社によって「30歳以上補償」「35歳以上補償」などもあります。
年齢が若いほど事故を起こすリスクが高いとされていますので、保険料も若い年齢まで範囲を広げた年齢条件の方が高くなります。

等級割引・割増制度
過去における保険事故の実績により、1等級から20等級までの等級が決定され、それぞれの等級に応じて保険料の割増引率が決定されます。
初めて自動車保険を契約するときは6等級が適用されます。その後、自動車保険を1年間使わなかった場合には、翌年度の等級が1等級上がり保険料の割引率も上がります。逆に事故を起こしてしまい自動車保険を使った場合には、翌年度の等級が3等級下がり、保険料が高くなります。

ハピカラ

このように自動車保険では様々なリスクを細分化して、一人一人に合った保険料が算出されます。

ポーチ君

この制度だと若い人や運転に慣れていない人ほどクルマに乗らなくなっちゃうんじゃない

ハピカラ

そうだよね。近年の若者のクルマ離れの原因の一端ではあるだろうね

ポーチ君

これじゃあ頑張ってお金を貯めて好きなクルマを買いたくても、保険料が高かったらあきらめちゃうよ

ハピカラ

そんな若者向けに作られたのがKINTOだよ

KINTOでは年齢・等級に影響しない自動車保険が付帯されます

ポーチ君

どういうこと❓

ハピカラ

例えば
免許証取りたての6等級・18歳の若者と
クルマに乗り慣れた20等級・40歳の人が
KINTOでは同じ金額で利用できるってこと

任意保険が高い人ほど得をする

18歳免許取りたての若者の自動車保険は・・・

東京海上日動火災保険株式会社のかんたん見積もりで計算すると

20歳以下新規6S等級で

月払24,710円

自動車保険インターネットお見積もりサービスのご案内 | 自動車保険(任意保険・自賠責保険) | 東京海上日動火災保険 (tokiomarine-nichido.co.jp)

40歳クルマに乗り慣れた中高年の自動車保険は・・・

東京海上日動火災保険株式会社のかんたん見積もりで計算すると

26歳以上20等級で

月払4,710円

自動車保険インターネットお見積もりサービスのご案内 | 自動車保険(任意保険・自賠責保険) | 東京海上日動火災保険 (tokiomarine-nichido.co.jp)

自動車保険の金額はあくまで一例です。皆さん実際にご自身の自動車保険の金額をご確認ください。

ハピカラ

この保険料が違う二人でも
KINTOは任意保険も込みで一定額。
同じ金額でKINTOが利用できるんだ

ルーミーをKINTOで利用すると

初期費用フリープラン3年ボーナス払いなしで

月額37,180円 保険・メンテ・税金コミ

18歳免許取りたての若者は37,180円の中に保険代24,710円が含まれているので

実質月額12,470円でルーミー新車に3年間乗れるということなんです。

しかもメンテ・税金コミで

ポーチ君

こんなのずるーい

ハピカラ

そうなんです。このサービスは画期的すぎる
はっきり言って若いうちに利用しないと勿体ない

ポーチ君

若年層はKINTO一択だ。

若いうちに KINTO利用すべき

ところで逆にデメリットになる方は

クルマに乗り慣れた中高年層の方

KINTOの月額の中に37,180円の中に保険料4,710円が含まれているので。

ほぼ月額33,000円でルーミーの新車

デメリットと言いましたがこれでも十分安いです。

ポーチ君

安いんだけど若年層のおトクさに比べるとコスパ悪く感じちゃうね。

ハピカラ

中高年の方、良い等級をお持ちの方は
他社のカーリースと金額を比較することが大事だね

中高年の方でKINTOを検討する方は

STEP
KINTOで乗りたいクルマの金額を確認
STEP
KINTOの金額から保険の金額を引いた額で他のカーリースと比較

他のカーリースはほぼ自動車保険は含まれていません。引いて比較してください。

万が一事故で保険を使用しても、月額利用料が変わらない

もう一点も任意保険に関することです。

保険の契約者はKINTOなので、万が一事故で保険を使用しても、月額利用料は変わりません!

KINTO HP

KINTOで事故を起こしてしまい保険を使用しても

等級に影響しないのでKINTOの金額があがりません。

ハピカラ

ここで例えてお話します。こんなお客様がいます。これを読んでいる方もそのお客様の気持ちになって考えてみてください。

あなたは免許取り立てで、6等級からスタートしてクルマに乗り始めました。

クルマを乗り始めて3か月目で追突事故を起こしてしまいました。

さて質問です。あなたは保険を使用しますか?

保険に加入しているんだから保険使うに決まっているじゃないか

そうですよね。相手もいることですし、早く保険で解決して事故のことを忘れたいですよね

おそらく私もお客さんの立場だったら保険を使用すると思います。

で、ここで言いたいのは事故の後、保険を使用した後のことなんです。

保険を使うと翌年の保険の等級が3等級ダウンで3等級になってしまいます。

免許を取って2年目で元の6等級になるまで4年間。

無事故で過ごす自信ありますか?

これってすごいプレッシャーになるんです。

もし、もう一度事故したら私だったらクルマ乗らなくなっちゃいます。

保険はリスクから守るためにありますが

保険自体がリスクになることもあるんです。

そんなあなたにKINTOです。

KINTOは保険を使用しても金額はあがりません。

もし大きな事故をしてしまって自分のクルマを傷つけしまっても

車両保険の免責金額(自己負担額)最大5万円で直してくれます。

安全運転で無事故を目指すのはもちろんですが

事故が恐くて緊張しすぎてしまうのも良くありません。

KINTOは肩の力を抜いて安心して乗れるサービスです。

ここでデメリットもお話しします。

逆に事故を起こさない場合は等級に影響がないので安くなりません。

例えば先ほどの通常6等級から始まるはずだった若者が

KINTO利用中、安全運転で無事故で保険を使用しなかったら

通常であれば3年後9等級になっていたはずが

KINTO利用後は6等級からスタートになります。

つまりノーカウントになる訳です。でKINTO利用後に利用前の中断していた等級を適用します。

等級というのは財産です。子供が免許を取って運転し始めたら等級を引き継ぐことができるんです。

この点は少しデメリットというか勿体無いなと思います。

Q.KINTOを利用する際、現在の保険の等級は引継ぎできますか?

A.KINTO専用の自動車保険(任意保険)がパッケージに含まれておりますので現在の自動車保険の等級は引き継ぎできません。なお、所定の条件を満たした場合、「中断制度」をご利用いただける場合もございます。詳細につきましては現在ご加入の保険会社にご照会ください。
※KINTOご利用後に新たに自動車を購入、自ら新たに任意保険に加入される際に中断前のご契約に適用されていた等級と同等の等級を適用できる制度

KINTO HP

まとめ

  • 若年者や運転にまだ自信がない方こそ積極的に利用すべきサービス
  • 中高年の方は保険を差し引いた金額で他社カーリースと比較して検討すべき

クルマ屋の感想

クルマ屋から見てもKINTOは若い方にはとても良いサービスだと思います。

イメージはカーリースよりもレンタカーに近いですかね。

レンタカーってレンタル料だけで別途保険料って払わないですよね

レンタル料の中に保険が含まれているからです。

もしレンタカーをぶつけてしまっても免責金5万円ぐらい払って

クルマを返却すれば済んでしまいます。

なので KINTOは長期のレンタカーのイメージを持ってもらうのがわかりやすいです。

トヨタと東京海上が手を組んでこんなサービス作ってズルいと思います。

こんなの世の中の人達が知ったら

若い人はみんなKINTOに持ってかれちゃいますよ

私ももし若ければ是非利用したい。

若いうちに利用しなければ勿体ないサービスです。

近年では若者のクルマ離れがささやかれておりますが

その一因は少なからず若者の保険料の高額化があると思うんです。

KINTOはそんなクルマ業界の問題が解消されるかもしれない。そんなサービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる